• > 
  • グラビティヨガとアンチグラビティヨガ、効果が高いのは?

グラビティヨガとアンチグラビティヨガ、効果が高いのは?

ヨガを始める前に、グラビティヨガとアンチグラビティヨガについて知っておいた方がより教室選びなどに役立つと思います。とは言っても初めて聞く方も多いと思いますので、それぞれがどのようなヨガスタイルなのか、どんな違いがあるのか、体にどのような効果があるのか、初心者向きなのはどちらか、などの疑問点をひとつずつ見ていきましょう。理解できたら、ぜひ教室に足を運んでみてください。

グラビティとアンチグラビティの違いとは

まず、グラビティとはどういう意味を持つのでしょうか。いくつかの意味を持ちますが、ヨガ業界では「重力、引力」という意味で使っています。グラビティヨガとは重力を利用しながら、ベルトやポールを使用し骨格を整えていくヨガのことです。補助道具を使うだけではなく、二人一組になりながらお互いの手や体で支え合いながらポーズを取ることもあります。

女性にとって大切な股関節や肩甲骨などを緩めることで可動域を広げる効果があり、代謝の良い体作りを手助けしてくれます。一方アンチグラビティヨガですが、アンチは「反対」という意味を表す言葉で、今回の場合「反重力」を意味します。ハンモックヨガ、空中ヨガなどはアンチグラビティに属するスタイルです。

初心者が行いやすいのはどちらか

では、初心者が始めやすいのはどちらでしょうか。結論から申しますと、どちらでも大丈夫です。イメージだけだとアンチグラビティヨガの方はハンモックを使うので難しそうに感じます。しかし、ハンモックは思ったよりも力を使わないため、実際にやってみると案外簡単だったというケースが多いのです。

見た目だけだとハードルが高そうに見えますが、初心者の方でも問題はありません。グラビティヨガの方もそうです。こちらは通常のスタイルとそんなに変わりませんが、骨の可動域を広げることを目的としているので、ストレッチポールを使ったり人の手で支えられたりという違いがあります。最初のうちは慣れないかもしれませんが、無理なく体全体をストレッチできる気持ちよさを味わえるスタイルです。

効果が高いのはどちらなのか

体に効果が得られやすいのはどちらでしょうか。これは、それぞれがもたらす効果が違うため何とも言えません。グラビティヨガは、普段なかなか触ることのない脊柱の骨や肩甲骨、骨盤などに働きかけ、可動域を広げることで内臓を健康に保つ効果があると言われています。

もちろんストレッチ効果があるので血行促進にもなります。アンチグラビティヨガの方は、逆さまになったり地面に触れずに布に包まれている分、より質の高いリラックスを感じられ、血流促進効果も期待できます。どちらかと言うと、健康のための効果が高いのがグラビティヨガ、ストレス解消やリラックスなどの精神的な効果を望むのであればアンチグラビティヨガ、と分けた方がいいかもしれません。

まとめ

グラビティヨガ、アンチグラビティヨガと初めて聞く名前なので馴染みがありませんでしたが、調べてみるとどちらもそんなに難しくはないというイメージを持っていただけたのではないでしょうか。どちらもそれぞれの効果が期待できますし、初心者だから無理ということはありません。自分がなぜヨガを始めたいのか、具体的にどんな効果を得たいのか、どんな目標があるのかなどをよく考えた上で、自分に合うスタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする