• > 
  • 安産に効果的?マタニティヨガとは

安産に効果的?マタニティヨガとは

お腹に赤ちゃんがいるお母さんは、出身に備えて適度な運動をしなくてはいけませんね。しかし妊娠は病気ではないとはいえ、妊娠前と同じような運動はできなくなってしまいます。そんな妊婦さんたちにおすすめなのが、マタニティヨガです。お腹に負担なく、ゆったりとした動きで全身に効く運動なので、多くの妊婦さんが行なっています。今回、そんなマタニティヨガの注意点やポーズをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

マタニティヨガとは

?妊娠をすると、いろいろな理由で妊娠前より身体を動かすことが少なくなるといいます。妊娠初期はつわりで気持ちが悪く、運動なんてとんでもないですし、安定期に入っても、お腹の赤ちゃんのことを考えると、激しい運動は躊躇してしまいます。妊娠後期はお腹が大きくなり、身体も重くなって動くのが億劫になってしまいます。

かといってまったく運動せず出産を迎えると、体力が落ちてしまっていたり、筋力が足りなくて出産に耐えうる身体ではなくなり、もしかしたら難産になってしまうかもしれません。運動し辛い身体でも、適度な運動は必要だなんて、妊婦さんは本当に大変です。

マタニティヨガは、そんな妊婦さんにも無理なくできるヨガで、有酸素運動の一つとして知られています。マタニティ用にゆっくりとした動きで全身をストレッチし、筋肉をほぐして血行の改善を促します。

マタニティヨガの注意点

?まず、なんのためにマタニティヨガを行うのか考えて、決して無理はしないようにしましょう。なんのため、とはもちろん出産を控えたお母さんと赤ちゃんのためですね。出産をしやすくするために行うのに、お母さんや赤ちゃんに負担になるようでは元も子もありません。マタニティヨガをしていて、身体に違和感を感じたらすぐにやめて、身体を休めてください。無理をしてまで続けるものではありません。

自分でマタニティヨガを調べて、自己流で行うのも悪くはないですが、やはり大事な妊娠している身体を労わる意味でも、プロのインストラクターに教わるのがベストだと思います。マタニティヨガのビデオや動画を見るのも良いですが、やはり側について、状況に応じてアドバイスしてくれるほうがお母さんも安心してヨガに集中できるでしょう。

マタニティヨガのポーズをご紹介

?それでは、妊婦さんにおすすめのマタニティヨガのポーズをいくつかご紹介します。まず、カパラバーティです。胡座をかくように座り、背筋を伸ばして骨盤が真っ直ぐになるように姿勢を保ちます。腕は軽く開き、胡座をかいた膝の上に乗せます。マタニティヨガの代表的なポーズなので、すぐに思い浮かんだ方も多いと思います。その姿勢のまま、呼吸法を行うことで、代謝アップに繋がります。

安産のため、股関節を柔らかくするポーズが開脚のポーズです。胡座をかいて座り、片方の足を斜めに伸ばします。お腹を太ももにくっつけるイメージで上半身を倒し、股関節をほぐします。それをもう片方も行います。身体を倒すときに鼻から息を吐き、起こすときに吸うことが大事です。文章での説明では分かりにくいこともあると思うので、ぜひ一度写真や動画で見てみると良いでしょう。

まとめ

??マタニティヨガは、激しい運動ができないながらも、適度な運動が必要な妊婦さんの強い味方です。ゆっくりとした動きでも、呼吸法やストレッチにより、全身の筋肉をほぐし、血行を良くすることができます。安産にするために効果的なヨガですが、一番大切なのはお母さんの身体と赤ちゃんです。無理せず、できる範囲で行いましょう。万が一に備えて、プロのマタニティヨガインストラクターの元で安心して行うのが理想です。

この記事をシェアする