• > 
  • シルクサスペンションはジョギングや水泳など、他の運動と比べて何が良いか

シルクサスペンションはジョギングや水泳など、他の運動と比べて何が良いか

一人で行える運動にはいろいろなものがあります。
体を動かす為にジムに通って走ったり、水泳に行ったり自宅でストレッチをしたりなどが思い浮かばれることでしょう。
体を動かすのが苦手な人でも、一人で行うエクササイズは自分のペースを保てますし、時間も自由に調整出来ます。

ジョギングや水泳といった色々な有酸素運動と比べて、シルクサスペンションにはどういった点が長所なのでしょうか。
このページを読めば普段の運動にシルクサスペンションを取りこみやすくなると思います。
ぜひ参考にしてください。

水泳とシルクサスペンションには痩せ方に違いがある?

有酸素運動と言えば色々な運動を思い浮かべることと思います。
水泳もその一つです。

まず有酸素運動というのは多くの酸素を必要とする運動であり、筋トレ等の無酸素運動に比べれば脂肪を燃焼しやすく痩せやすい体作りにしてくれる運動を指します。
水泳の主な効果は心肺機能を上げ、筋肉の強化や脂肪の燃焼といった効果を与えてくれます。
健康づくりにとっては大変優秀な運動です。

ただダイエットという面に関して言えば、少し難点があるかもしれません。
水泳はシルクサスペンション等とは違い、ある程度行えば次第に筋肉がついていく運動ですので、体はより大きくなる可能性があります。
実際、水泳選手の方は皆たくましい体つきになっています。

少しずつ脂肪を燃焼させる程度の泳ぎならば筋肉も付きにくいかもしれませんが、スリムな体を手に入れたいという女性にはシルクサスペンションの方が理に適っているようです。

ジョギングとシルクサスペンションは相性ピッタリ!

誰でも気軽に始められる運動として、ジョギングが挙げられます。
道具も必要無く、インストラクターも要らないジョギングは、健康維持やダイエット目的で、老若男女様々な人が始める運動です。

実は、ジョギングとヨガは非常に相性がいい運動である事を知ご存知でしょうか。
ジョギングもヨガも筋肉に働きかけ、脂肪を燃焼してくれる運動です。
大きな違いは、ジョギングは筋肉の表層的な部位を動かしますが、ヨガは内側の筋肉を鍛えていきます。
この二つの運動を併用して行えば、より脂肪が燃焼しやすいと言われています。

またヨガでしなやかな筋肉をつけておけば、ジョギング後に筋肉が張ってしまうといった難点も解消されますし、ヨガでは呼吸法も改善されますので、ジョギングにおいてより長いスパンで走れるようになるなど様々な効果が得られるようです。

通常のヨガでも良いですが、より体幹が鍛えられるシルクサスペンションもおすすめです。
普段ジョギングをしている人は、ぜひヨガやシルクサスペンションを始めてみてはいかがでしょうか。

無酸素運動とシルクサスペンションの違いについて

無酸素運動は主に筋トレや短距離走といった運動を指しますが、ダイエット効果として期待される事はあまり多くありません。
女性のダイエットと聞けばどうしても有酸素運動が推奨されるようですが、無酸素運動はダイエットにおいて何の意味も無いのでしょうか?

実は筋トレ等の無酸素運動を行いながら有酸素運動を行うと、ダイエットの効果が飛躍的に伸びると言われています。
無酸素運動は短時間に浅い呼吸で行う運動です。

この運動を行う最大の利点は基礎代謝が上がる事で、人間が生きる上で自動消費される最低限のカロリー消費を指します。
基礎代謝は筋肉が無ければ上がりません。
よって筋肉をつける為には無酸素運動が必要となるのです。

ダイエットをするのはシルクサスペンションだけではなく、筋トレ等の無酸素運動を合わせて行えばより痩せやすい体になります。

ダイエットや健康維持目的の運動には様々なものがあるかと思いますが、どれも一長一短が存在します。
時間が取れない、お金が掛かってしまうなど、その人のライフスタイルに合ったものを選んで行っていることでしょう。

ただし、運動はそこから得られる効果や効能を正しく理解した上で行わなければ意味がありません。
シルクサスペンションは骨格を矯正し、体幹を鍛えるのに適しています。
所謂インナーマッスルを鍛える事に秀でていますが、筋肉を強化させるには少し不向きです。

シルクサスペンションにダイエット効果を望んでいるならば無酸素運動を一緒に取り入れた方が効果が出ます。
ジョギングを行っている方であれば、より疲れにくい柔軟な筋肉にする為にシルクサスペンションを取り入れてみるのもおすすめです。

今行っている運動と照らし合わせて、うまく組み合わせてみて下さい。

この記事をシェアする