• > 
  • シルクサスペンションで主に鍛えられる体の部位とは

シルクサスペンションで主に鍛えられる体の部位とは

シルクサスペンションを行えば、色々な部位が鍛えられている気がすると思います。
初心者にとっては普段使わない筋肉が動いたり、また普通のヨガよりも筋肉を使わず、体全体が引き伸ばされている感覚を覚えることでしょう。

では、シルクサスペンションを行えば、具体的に体のどういった部分が鍛えられるのでしょうか。
それを知った上で行うだけで、より一層効果は上がります。

また、鍛えたいという特定の部位があれば、それに相応しいポーズを集中的に行う事も可能になります。
ここではシルクサスペンションをする事で鍛えられる体の部位を見ていきましょう。

シルクサスペンションで筋肉や骨格を矯正できる

シルクサスペンションを行うことで大きく効果が得られるポイントを三つご紹介します。

まずは筋肉や骨格についてです。
普通のヨガも筋肉を鍛えたり、骨格を矯正させる事が可能ですが、シルクサスペンションは布にくるまって無重力状態で行います。
私達は普段体に様々な負荷をかけて生活をしていると言われています。

本人は気にしていない仕草やクセ、例えば真っ直ぐ立っていると思っていても、体の左右どちらかに体重をかけていたり、座るときに足を組んでいたりなど、無意識に偏った筋肉の使い方をしているそうです。
人によってクセは様々ですが、矯正しないままでいるといつの間にか体が歪んでしまい、結果内蔵にも影響が出てきてしまいます。


シルクサスペンションを行えば、逆さのポーズを取る事で、下がりがちである内臓を正しい位置に戻したり、普段のクセを矯正して正しい骨格に戻したりすることが可能です。

リラックス効果を高めてくれるシルクサスペンション

次は、目に見える部位だけでなく、精神面にも効果を及ぼしてくれることです。

もともとヨガには精神面の向上を図れるという効果があります。
頭の中を無にし、余計な考えを無くす「瞑想」を行うことができるのです。
瞑想で有名なものとして座禅がありますが、ヨガは座禅を組んでいる状態と同じです。

ヨガを行う際には呼吸法が大事になってきます。
姿勢を保ちながら深呼吸する事を要求されるヨガは、自律神経を鍛え、また血行の流れも良くする効果を発揮してくれます。

私達が日常で生活している時に深呼吸を意識することはあまりないでしょう。
しかし、深呼吸は健康にとっても精神面にとっても良い効果を与えてくれるものです。
人の心に安らぎを与え、体の緊張を解いてくれます。

ヨガだけでなく、普段の生活にも深呼吸を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

シルクサスペンションでインナーマッスルを鍛える!

シルクサスペンションを行えば筋肉が鍛えられるとご紹介しましたが、最後に筋肉という表記について詳しく説明します。

まず、シルクサスペンションで鍛えられる筋肉の種類は、インナーマッスルです。
近年では、この「インナーマッスルを鍛える」という言葉が浸透してきています。

そもそも、筋肉はいくつかの層になっていて、インナーマッスルは筋肉の中でもごく深い層にある部分を言います。
反対に表面に近い筋肉はアウターマッスルと呼ばれているのです。

インナーを鍛えるメリットにはいくつかありますが、代表的な点がアウターマッスルを鍛えるよりも代謝が上がりやすくなり、より痩せやすい体になるという事です。

また、腸付近の筋肉が刺激されれば、便秘にも効果的とされ、インナーマッスルを鍛えるのは特に女性に最適だと言われています。

シルクサスペンションが体に与えてくれる「矯正」「リラックス」「インナーマッスル」への効果についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
正直ここまでたくさん効果が得られるエクササイズは他にあまりないような気もします。

シルクサスペンションはヨガの進化形であり、これから行おうと思っている人は、どこの部位にどういった効果を与えてくれるのかといった知識を得た上で挑戦される事をおすすめします。

ただ体に良いという漠然とした情報だけで行うよりも、知識をしっかり得た上で行う方がより効果は上がります。
シルクサスペンションが与えてくれる様々な利点を踏まえて、あなたもぜひチャレンジしてみませんか?

この記事をシェアする