• > 
  • ヨガはカップルでも通える?東京のヨガ教室を見てみよう

ヨガはカップルでも通える?東京のヨガ教室を見てみよう

空前のヨガブームの中で「ヨガ男子」という言葉も生まれるほど、男性の注目度が高くなっていますが、実際に通っている人は1割と、かなり少ないのが現状。興味はあっても女性的なイメージがつきまとい、諦めている人もいるでしょう。

1人では無理だけど、一緒に通う人がいればトライしても良いな、と思うなら、カップルで通えるヨガを始めてみませんか。東京のスクールやサロンでは、男性でも通いやすくなるシステムが増えています。どんなスタイルがあるのでしょうか。

ヨガ教室の男女比はどれくらい?

リラクゼーションがもてはやされる日本では、ヨガを楽しむ人がこの10年で15倍以上に増えるほどの人気で、様々なスタイルが巷にあふれています。都内なら、駅前に1つはスクールやサロンがあるほどの普及率ですが、ここまで増えても、楽しんでいるのはほとんどが女性。対して男性は、「ヨガ男子」という言葉も生まれても全体の1割程度と、極端に少ないのが実情です。

エクササイズに勤しむビジネスパーソンが多いニューヨークでは、男女比はほぼ半々だそう。日本で広がっているイメージは、「美容」「スピリチュアル」など女性が好むものとして捉えられ、「男子たるもの」という思想が根強い日本男子と相反するのでしょう。海外では、心身のバランスを整える効果が高いため、アスリートやアーティストを中心に、男性にも人気が高いエクササイズです。

カップルでもヨガ参加は可能?

男性が1割といわれる日本では、1人でスクールやサロンに通うのは、敷居が高く難しいでしょう。でも興味があるのなら、パートナーと一緒に通ってみるのもいい方法です。

中でも人気が高いのは、パーソナルトレーナーに2人だけでレッスンを受けるスタイル。特に仕事で忙しい男性には、時間の融通がきくパーソナルトレーナーのシステムが便利です。女性的なイメージから気恥ずかしさがあっても、2人だけで受けられるならリラックスして楽しめます。また少人数制のところや、インストラクターが男性のスクールやサロンなら、より通いやすく感じられるでしょう。

ストレス解消や脳のリフレッシュに効果が高いエクササイズですから、仕事を頑張る男性にこそ、楽しんでもらいたいものです。

東京のヨガ教室で男女が通いやすい所とは

ドイツのワールドカップ代表チームがメニューに取り入れているほど、男性にとっても効果が高いヨガ。1人では通いにくいなら、パートナーと2人で通えるスクールやサロンがおすすめです。プライベートレッスン、ペア割引、少人数のレッスン、男性インストラクターや男性の生徒が在籍しているスタジオは、敷居が低くなるポイントとなるでしょう。

リトリートと呼ばれる週末合宿のシステムは、旅行のような非日常性から、男性やカップルの参加が多く、初めての人にはトライしやすいスタイルです。また、「体が硬いからポーズをとれない」と敬遠しがちな男性も多いですが、最近話題になっている空中ヨガなら、体の柔軟性や筋力に関係なく、誰でも楽しむことができます。

まとめ

ストレスフルな現代社会を生き抜くには、効率的なストレス解消と心身のリフレッシュが勝ち組になる秘訣です。ヨガを「女性のもの」として脇へ避けず、短時間で効果の高いエクササイズだと捉えれば、男性でも楽しめるようになるはずです。パートナーを誘って、リフレッシュ効果が高い週末リトリートに参加してみれば、週明けの仕事への集中力が高まります。メタボ予防にもおすすめのヨガを、ぜひ2人でトライしてみてください。

この記事をシェアする