• > 
  • ヨガとピラティスの違いは?またそれぞれの効果は?

ヨガとピラティスの違いは?またそれぞれの効果は?

ヨガとピラティスはイメージ的には似ているように思えますが、ヨガの歴史は古く、4千年以上前のインドで生まれました。対してピラティスは1990年代ごろから広まったトレーニング方法です。

ピラティスはヨガの動きを取り入れている場合がありますので、もともとは狭いベッドの上でも出来るようなリハビリ方法として考案されたものだとされています。

それによってより身体を動かすことや、インナーマッスルを鍛えることに効果があります。対してヨガはゆったり行うことによって精神を落ち着かせたりする効果もありますので、穏やかに身体を動かすことができるという特徴があります。

ヨガとピラティスの違いは?

ヨガとピラティスってなにが違うの? と思う方もいらっしゃるといると思います。想像すると似ているように感じますが、実際に体験してみると違うことがわかってくるかと思います。そもそもピラティスはヨガを元にして生まれたものになります。

簡単な違いを言うのならば、ピラティスは身体のトレーニングを主な目的としていますが、ヨガは精神的な面のケアも目的としています。これはヨガがはじめは精神統一の方法として取り入れられたことによるものですが、ピラティスはヨガの部分を取り入れながら、身体を動かして鍛えることに重きをおいたものになっています。

ピラティスも身体を動かすことによってリフレッシュ効果などがありますが、これは身体を動かしたことによって自然と生まれるものですので、ヨガのように精神のコントロールを目的として生まれた結果ではありません。どちらが良いかわからないという方は、一度どちらも体験してみるというのも一つの手です。

ヨガとピラティスとの共通点は?

ピラティスはヨガから生まれたものですので、似て非なるものであったとしても当然共通点は存在します。ヨガとピラティスは目的は違っていても、身体を動かしてコントロールするという意味では同じものと考えられます。

ヨガは身体をコントロールすることによって精神を整えることを目指すように、ピラティスも身体を動かすことによって健康な生活に結びつけようとするものです。さらにどちらも呼吸をコントロールするという点は共通していますので、リラックス効果が期待できます。

また、体幹を鍛えることによってバランス感覚を養い、骨盤や身体の歪みなどが矯正される効果も共通点の一つとなっています。身体を動かすことによって新陳代謝が促され、肌が綺麗になったりデトックスの効果が期待できるという点も同じです。

どちらを選べばよいか?

ヨガとピラティスの違いと共通点がわかってきましたが、どちらを選べばいいの? というのが疑問として出てきます。どちらが良いというのは人の好みによりますので、それぞれの特徴から自分に合うものを選んでいくことが大切です。
ヨガは精神コントロールを含め、リラックス効果がより高いものが多くありますので、心に安らぎを加えたいという方や、ゆっくりと身体を動かして体をじわじわと鍛えたいという方にはおすすめです。

一方ピラティスは、トレーニング的な意味合いが強くなりますので、体幹を鍛えていきたい、とにかく体を動かしたいという方におすすめとされています。とはいえスタジオやインストラクターによっても内容が違ってきますので、気になるスタジオや内容があったら、まず体験してみるということが、それを知る一番の方法だと言えます。

まとめ

ヨガとピラティスは似ていますが、実は目的からして違うということを理解していただけたかと思います。自分の性格や目的に合わせたものを選ぶのが最も効果的なフィットネスになります。しかしながら、それでも自分に合っているものがわからないという方は、ひとまずどちらも体験してみるというのも一つの手です。

この記事をシェアする