• > 
  • シルクサスペンションのティシューと効果について

シルクサスペンションのティシューと効果について

シルクサスペンションに使われるティシューはシルクドソレイユでも使われるような上質な布となっていますので、安心して身体を預けることができます。シルクサスペンションにおいてシルクの肌触りは最も大切なものの一つといっても過言ではありません。シルクに身体をどっしりと任せられるところから空中ヨガがはじまります。

シルクサスペンションの効果としては、普段は出来ない逆さ吊りのポーズなどをすることにより血流が良くなり、コリ改善などに役立ちます。また、ティシューのなかでバランスをとったりすることから、体幹を鍛えることができることも効果の一つです。

シルクサスペンションに使われているティシューとは?

シルクサスペンションにおけるティシューとは、天井から吊り下げた布のことを指します。ティシューの触り心地や肌心地は、最も重要なものの一つだと言っても過言ではありません。ハンモックをイメージしていただけると、その重要さがわかるかと思います。

さらにシルクサスペンションにおいてのティシューは自分の身体を支える役割も担っていますので、強度に関しても注目しておくべきです。ティシューと呼ばれるほどですので、滑らかな触り心地が特徴の布となっています。ティシューに包まれるだけでも安心感が湧いてくるようなものを選ぶ必要がありますので、いくつかのフィットネススタジオをまわって、自分に合ったものをゆっくり探してみるということも必要だと思います。

空中ヨガに使われる布は、市販のものと違う?

シルクサスペンションで使われているティシューは特殊な化学繊維で、多少の伸縮性があるため体に密着し、しっかりと体をホールドできるほど丈夫な布です。空中でパフォーマンスをおこなうシルク・ドゥ・ソレイユで使用されている布と、まったく同じ材質のものを利用しているスクールもあり、安全性の高さが窺えます。

伸縮性があると、力がかかった時に伸びてしまうのでは、と思いますが、伸縮性のない布は体への負担が大きく、加重で裂けてしまうことがあります。柔らかく受け止める材質が、このエクササイズに最適だということです。

どれくらいの強度があるのか

布そのものの耐荷重量は、材質により500kg~1,000kgもあり、10人くらいは乗っても大丈夫。それだけの負荷がかかっても、伸びて床についてしまう、ということもありません。注意が必要なのは、吊り下げている金具の強度。

金具1カ所の耐荷重量は200kg~300kgほどで、ティシューを2カ所で支えているところが多いので、全体として500kg前後の耐荷重量があるということになります。それでも力士が2人乗っても大丈夫なほど、堅牢な造りです。空中ヨガの人気の高まりとともに、自宅設置を考える人も増えているため、ティシューを個人で購入することもできます。その際は、必ず購入前に建築士や工務店で、自宅に設置できる場所があるか、相談してからにしましょう。

ヨガ専用の布はどこで入手できる?

専用のティシューは、空中ヨガの団体やスクール、スポーツ店などで販売されており、最近ではアメリカから輸入された商品を、通信販売サイトでも購入できるようになりました。ティシューだけなら5,000円くらいから販売されており、取り付ける金具まで入れると、10,000円~が相場です。団体公認の器具は高価ですが、安全を買うつもりでお墨付き商品を購入するのもありですし、お試し的に安価なものを購入してみるのも手です。

もし自宅の壁などに直接取り付けられない場合、ブランコの周囲に置かれているような枠組みを設置する必要があり、高額ですし、スペースをとる大掛かりな装置になってしまいます。事前に住宅のプロに相談してみましょう。

シルクサスペンションの効果とおもなポーズ

巷で流行りのシルクサスペンションですが、具体的にどういった効果があるのでしょうか。

まず効果があるのは、逆さま状態になることで頭に血がのぼるようになり、血行促進につながるということです。さらには普段は伸ばさないところを負荷をあまりかけない状態で伸ばすことにより、肩こりや腰痛などにも効果があるとも言われています。

また、布の助けを借りることにより、初心者でも比較的楽に身体を鍛えることができます。特に無重力状態でバランスをとることになりますので、体幹を鍛えることもできます。このヨガで有名なのはやはり逆さまになるポーズです。これははじめたばかりでも比較的簡単に出来るポーズであり、肩や背筋が伸びることによってリラックス効果やコリ改善などにも役立ちます。

足を布に預けて伸ばすだけでも結構効きますので、シルクサスペンションはそこまでハードルが高いものというわけでもありません。

全国でシルクサスペンションを体験できるところは?

最近ではテレビなどで取り上げられることも増えてきたため、シルクサスペンションを取り扱うフィットネススタジオも増えてきました。神保町や五反田、多摩(聖蹟桜ヶ丘)など都内で楽しめるスタジオは数々あります。スタジオは都心部に集中していますので、ファッション感度の高い方や流行に敏感な20代から30代の女性を中心として広まってきているということがわかるかと思います。関西に関しては奈良や京都、大阪などの都市にありますが、まだまだ体験できるところは少ないようです。

まとめ

シルクサスペンションにおいてティシューは大切な道具の一つです。まさに命綱と呼んでもいいくらい重要視すべき点の一つですので、もし体験レッスンなどでティシューに触れる機会があるならば、手触りなどを確認しておく必要があります。

また、シルクサスペンションの良いところは、逆さ吊りになるなどして楽しみながらできるところです。身体を動かすことが苦手という方でも、楽しみながら徐々に身体を動かしていくので、運動というよりは遊ぶような感覚です。楽しみながらできるという点は、シルクサスペンションがが人気の理由の一つだと言えます。

この記事をシェアする