• > 
  • 痩せる?痩せない?シルクサスペンションの謎を大公開!

痩せる?痩せない?シルクサスペンションの謎を大公開!

フィットネスを含む身体を動かすダイエットが近年のトレンドで、過度の食事制限はあまり推奨されていません。また運動習慣はストレスの軽減にも効果的なので、継続して行うとQOLが向上する事が分かっています。飽きずに楽しく運動を続けるという観点から注目を浴びているのがシルクサスペンションです。このトレーニングは痩せるというよりも筋肉をつける効果があります。これからトレーニングを始める方に役立つ情報はもちろんの事、痩せない時の対処方法や注意点をお教えします。

痩せるというのはどういう事なのか?

猫も杓子もダイエットだ、メディアにはたくさんの情報が溢れています。女性の多くが「痩せたい!」と口にしているのですが「痩せる」というのは具体的に何を指すのでしょうか。

多くの方は「体重を減らす=痩せる」と言う認識を持っていますが、これは誤りです。本来は「身体の余分な脂肪を減らす=痩せる」になるので、シルクサスペンションを含む運動はダイエットの強い味方といえます。痩せる為には摂取エネルギーよりも消費エネルギーを多くする必要があるので、食事・運動・生活習慣を正す必要があります。

反対に痩せないと嘆いている方やダイエットに失敗しやすい方は、摂取エネルギーの方が上回っているケースがほとんどです。ちなみに食事の摂取エネルギーを減らそうとすると、バランスの良い食事が摂れないので、仮に体重は落ちたとしても美しい姿とは程遠くなってしまうかもしれません。

シルクサスペンションは無酸素運動に近い

シルクサスペンションは無酸素運動に近く、筋力アップが期待出来ます。サスペンションという布を使いポーズを取るので、普段使わない筋肉が刺激されます。それによって初めての方は筋肉痛になりますが、これは十分な効果があるという証拠とも言えます。筋肉には身体の軸や臓器を支えるインナーマッスルと皮膚の下につくアウターマッスルがあります。シルクサスペンションはインナーマッスルを鍛える効果があり、ムキムキになるというよりはしなやかな身体を作るのが特徴です。

インナーマッスルは運動のパフォーマンスを上げる効果もあるので、痩せるのはもちろんですが疲れにくくなるのも大きなメリットです。

代謝アップが目的なら有酸素運動をプラス

今すぐに痩せたいという場合は、シルクサスペンションに加えて有酸素運動をプラスすると良いです。無酸素運動は筋肉をつけて体質改善を行うので、代謝がアップします。

しかしアップした代謝を使い脂肪燃焼をサポートするには、有酸素運動が効率的です。有酸素運動は軽い負荷をかけて行う運動で、スイミングやジョギング・ウォーキング・エクササイズが挙げられます。

脂肪燃焼するには体内にあるグリコーゲンを枯渇させる必要があるので、シルクサスペンションをしてから有酸素運動を取り入れるのがベストです。

但し有酸素運動は最低でも20分以上続けなければ意味がないので注意して下さい。停滞期や痩せないと思ったら、まずは運動習慣から見直すようにしましょう。

痩せない時に見直すポイント

運動をし始めた直後は目に見えて痩せるのがわかったけれど、しばらくして全く痩せなくなった。これは俗に行く停滞期と呼ばれ、身体がダイエット後の環境に慣れてしまったことが主な原因です。ここで諦めてしまうとリバウンドしてしまうので、痩せない時こそ自分自身の生活習慣を見直して下さい。

まず食事面ですが、早く痩せたいからといって食事をしない、あるいはカロリーの低いものばかり摂取していませんか?食べる量が少ないと身体が低燃費になり、代謝が低くなります。いくらシルクサスペンションを頑張っても燃焼しなければ何の意味もありません。

筋肉は毎回同じ部位を使っていると、出来るだけ負担がかからない様に動くことを無意識で行ってしまうので、定期的にメニューを変えて筋肉を怠けさせない様な工夫も必要です。

まとめ

シルクサスペンションは無酸素運動よりのトレーニングで、インナーマッスルを付けるに向いているトレーニングです。運動自体が痩せる事に直結するのではなく、筋肉をつけて代謝を上げていくのが目的です。

但し、いくらトレーニングを頑張っても生活習慣や食事面のバランスが取れていないと痩せないサイクルが生まれてしまいます。定期的に食事・トレーニングメニューを見直しながら、継続的にダイエットする事を意識して下さい。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各シルクサスペンションスタジオの公式ホームページをご確認ください。